33歳ボアテング、新天地はイタリア2部のモンツァに決定。契約延長OP付きの1年契約を締結

2020年09月29日(Tue)16時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ケヴィン=プリンス・ボアテング
【写真:Getty Images】

 セリエB(イタリア2部)のSSDモンツァ1912は現地時間28日、フィオレンティーナから33歳の元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングを獲得したことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クラブの発表によると、モンツァはボアテングと契約延長オプション付きの1年間の契約を締結したという。

 現在33歳のボアテングは2019年1月にサッスオーロからバルセロナへ半年間のレンタル。同年8月にフィオレンティーナへ完全移籍。今年1月には1年間のレンタルでベシクタシュに加入した。ボアテングは昨季、フィオレンティーナとベシクタシュで公式戦26試合に出場計4得点1アシストを記録した。

 元ミランの会長シルビオ・ベルルスコーニ氏がオーナーを務めるモンツァ。昨季はセリエCで戦っていたが、19年ぶりのセリエB昇格を果たした。モンツァはセリエAからの降格組であるSPALとの開幕戦でスコアレスドローとなっている。

【了】

新着記事

↑top