フランス代表MFのアーセナル移籍にリヨン応じず。提示額は“問題外”と会長語る

2020年09月29日(Tue)18時38分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

フセム・アワール
【写真:Getty Images】

 リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は、フランス代表MFフセム・アワールに対してアーセナルから届いたオファーを一蹴したと認めている。フランス『カナル・プリュス』でのコメントを英紙『イブニング・スタンダード』などが伝えた。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季のチャンピオンズリーグでの活躍などで評価を高め、フランス代表への初招集も受けた22歳のアワール。複数の有力クラブが獲得への関心を示す中、アーセナルが特に熱心な動きを見せ、選手本人とは合意に達したとも報じられていた。

 英紙によればアーセナルはリヨンに移籍金3000万ポンド(約40億8000万円)のオファーを断られ、その後増額して2度目のオファーも出したとみられている。だがその金額も、リヨンの要求額には遠く及ばなかったようだ。

「(アーセナルから)臆病なオファーがあった。彼がフランス代表の選手だという事実を考えていないように感じられた。我々としては売却を考えることすらもないオファーだった」とオラス会長は語っている。

 リヨンがアワールの移籍金として要求する金額は4000万ユーロから5000万ユーロ(約49億4000万~61億7000万円)ほどだと言われている。オラス会長は「そのひとつ目の数字より高いのは確かだ」と4000万ユーロ以上であることを認めている。

【フットボール批評がついにアーセナルを大特集! 日本一硬派なサッカー専門誌がすべてのグーナーに贈るバイブルの詳細は↓↓↓をクリック!】

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top