ドイツ1部初の女性主審が引退へ。今夜のスーパーカップがラストマッチに

2020年10月01日(Thu)0時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ビビアナ・シュタインハウス
【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ1部で初の女性主審となったビビアナ・シュタインハウス氏は、現地時間30日に行われるDFLスーパーカップの試合を最後に引退することになった。独紙『ビルト』が伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 シュタインハウス氏はバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントが対戦するDFLスーパーカップで主審を務める予定。同カップを初めて担当する女性主審となるが、これがラストマッチとなるようだ。

 シュタインハウス氏はドイツの下部リーグの審判などを経て、2017年にブンデスリーガ1部で初めて笛を吹く女性主審となって注目を集めた。これまでの3年間で通算23試合を担当している。

 ブンデスリーガで主審を務める以前には、女子サッカーの主審としても多くのビッグマッチを担当。なでしこジャパンが優勝を飾った2011年FIFA女子ワールドカップ決勝のアメリカ戦の主審でもあった。

 ブンデスリーガで主審の年齢制限は47歳とされており、現在41歳のシュタインハウス氏はまだその年齢には達していない。引退の理由は個人的な事情であり不明とのことだ。

【了】

新着記事

↑top