キーラン・トリッピアー
【写真:Getty Images】

 アトレティコ・マドリードに所属するDFキーラン・トリッピアーは、現地時間14日にUEFAネーションズリーグのデンマーク代表戦を戦うイングランド代表チームから離脱した。賭博関与の疑惑によるヒアリングを受けることが理由だとみられている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イングランドサッカー協会(FA)はトリッピアーが「個人的な理由」により13日に代表チームから外れたとしており、詳細を明確にはしていない。だが英紙『ガーディアン』など複数メディアが伝えたところによれば、FAからのヒアリングを受けるためだとされている。

 トリッピアーは今年5月に、禁止された賭博行為に関与した疑いがあるとしてFAからの起訴を受けた。昨年7月にトッテナムからアトレティコへ移籍した頃に賭博に関与した可能性があるとされている。

 トリッピアー自身は賭博への関与を否定している。だが違反が確定したとすれば、最大6ヶ月に及ぶ長期間の出場停止処分を受ける可能性もあると伝えられている。

 デンマーク戦に向けて、イングランド代表からは他にも選手たちが離脱。チェルシー所属のDFベン・チルウェルとトッテナム所属のMFエリック・ダイアーも負傷のため欠場が決まったようだ。

【了】

新着記事

↑top