韓国代表
【写真:Getty Images】

 韓国代表の選手4人およびスタッフ1人から新型コロナウイルス感染症の陽性反応が検出され、オーストリアで予定されている国際親善試合の開催が不確定な状況となった。韓国『朝鮮日報』など複数メディアが14日に伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 韓国代表は日本代表と同じくオーストリアで現在活動中。現地時間14日にはメキシコ代表と、同17日にはカタール代表との対戦を予定している。だがその代表チームが「緊急事態」に陥ったと報じられた。

 報道によれば、韓国サッカー協会(KFA)はMFクォン・チャンフン(フライブルク)、FWイ・ドンジュン(釜山アイパーク)、GKチョ・ヒョヌ(蔚山現代)、MFファン・インボム(ルビン・カザン)の4選手およびスタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを14日に発表。いずれも症状は出ておらず、各自ホテルの部屋で隔離されているとのことだ。

 陽性となった5人には現地時間14日朝に再検査が実施される予定。メキシコ戦の開催については、検査結果を確認した上でオーストリアの当局の指示に基づき、メキシコおよびオーストリアのサッカー協会と協議して決定を下すとのことだ。

 メキシコ代表は現地時間17日に日本代表との対戦も予定している。だがその前に予定していた韓国との対戦は中止となる可能性もあるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top