武藤嘉紀、前半の積極的なプレーには高評価も。「良い45分間を過ごした」

2020年11月23日(Mon)12時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

武藤嘉紀
【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第10節のエイバル対ヘタフェ戦が現地時間22日に行われ、0-0の引き分けに終わった。エイバルのFW武藤嘉紀は先発出場し、77分に交代するまでプレーしている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 エイバルでの初先発から3試合にスタメン出場したあと、最近3試合はベンチスタートとなっていた武藤だが、4試合ぶりに先発復帰。一方今季ここまで全試合に先発出場していたMF乾貴士はベンチに入ったが、今季初めて出場無しに終わった。

 前半6分には武藤が右サイドを突破してゴールライン際まで侵入したが、クロスはDFに弾き返されて得点ならず。その後もキケ・ガルシアのシュートがクロスバーを叩くなど、得点力不足に苦しむエイバルは今季5回目の無得点に終わり、10試合でリーグ最少の6得点にとどまっている。

 地元紙『エル・コレオ』では前半の武藤の積極的なプレーを評価。マッチレポートの中で前半6分の場面については「個人でのビッグプレー」と称賛し、「武藤とブライアン・ヒルは良い前半45分間を過ごした。前半を通して(ヘタフェにとって)悪夢だった」と述べている。

 スペイン紙『アス』も「日本人FW武藤が右サイドでの素早い突破で最初のチャンスを作った」と言及。その後自らシュートに持ち込んだ場面については「素早い個人プレーからのチャンスを生かせなかった」としている。だが無得点に終わった試合全体を通しての評価は伸びず、『アス』『マルカ』ともに0から3までの4段階評価で「1」と低めの採点にとどまった。

【了】

新着記事

↑top