レアル・ソシエダって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ダビド・シルバ加入で首位快走、育成と補強が最高のバランスに

現在ラ・リーガを引っ張っているのはレアル・マドリードでもバルセロナでもない。レアル・ソシエダである。イマノル・アルグアシル監督は生え抜きの若手選手たちをチームの中心に据えながら、足りない部分に外部から選手を獲得し、育成と補強のバランスが最高に噛み合ったチームを作り上げた。今季はダビド・シルバの加入も大きなニュースになったレアル・ソシエダの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

2020年11月25日(水)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

⚫︎GK
⚫︎DF
⚫︎MF
⚫︎FW
⚫︎フォーメーション

GK

アレックス・レミロ
【写真:Getty Images】

アレックス・レミロ(元U-21スペイン代表/背番号1)
生年月日:1995年3月24日(25歳)
20/21リーグ戦成績:10試合出場/4失点


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 宿敵アスレティック・ビルバオの下部組織出身だが、トップチームではウナイ・シモンとの競争に敗れて昨夏ソシエダへ“禁断の移籍”。中盤戦から正守護神の座に定着した。高精度のフィードが武器の現代的なGKだ。

 昨季はビルドアップにおける貢献度が高い一方、セービングの安定感に不安があった。ところが今季は開幕から10試合連続でゴールマウスを守り、わずかに4失点。2点以上奪われた試合は一度もなく、クリーンシートも6試合とハイパフォーマンスを維持してチームの快進撃を最後方から力強く支えている。ベンチに控えるベテランのミゲル・アンヘル・モヤも信頼の置ける存在だ。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top