ナポリって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 闘将ガットゥーゾの薫陶を受ける、錚々たるタレントたち

ナポリは昨季途中にカルロ・アンチェロッティ監督を解任。その後ジェンナーロ・ガットゥーゾを新監督に迎えたが、リーグ戦を7位で終えチャンピオンズリーグ出場権を逃してしまった。しかし、ロレンツォ・インシーニェやドリース・メルテンスら重鎮が健在、そこへヴィクター・オシムヘンらが加わるなど、スカッドの充実度は欧州屈指だ。今回は、そんなナポリの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月26日現在)。

2020年11月26日(Thu)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

GK
DF
MF
FW
フォーメーション

GK

ダビド・オスピナ
【写真:Getty Images】

ダビド・オスピナ(コロンビア代表/背番号25)
生年月日:1988年8月31日(32歳)
20/21リーグ戦成績:4試合出場/3失点


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コロンビア代表としてのキャップ数が「100」を超えているベテランGK。ナポリでは絶対的な守護神というわけではなくアレックス・メレトと併用されているが、昨年夏に義務ではなかったアーセナルからの完全移籍を勝ち取った事実が示す通り、その経験値等はクラブから非常に高く評価されている。

 身長183cmとGKとしては小柄でハイボール処理には不安を残すが、反射神経やポジショニングの良さを生かしたシュートストップは安定感、力強さともに申し分ない。また、非凡な足下の技術は後方からのビルドアップを重視しているジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下では貴重なものに。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top