ティボー・クルトワ
【写真:Getty Images】

【レアル・マドリード 1-2 アラベス ラ・リーガ第11節】

 ラ・リーガ第11節のレアル・マドリード対アラベスが現地時間28日に行われた。試合は1-2でホームのレアル・マドリードが敗れた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 チャンピオンズリーグではインテルに連勝して立て直したレアル・マドリードだが、リーグ戦では良くない立ち上がり。開始3分、自分たちのミスで相手にCKを与えてしまうと、このCKからのピンチでナチョがハンド。PKを献上してしまう。これを決められ、嫌な形で先制を許した。

 レアル・マドリードは28分、アザールが負傷。交代を余儀なくされる。押し込み続けるが同点弾は決まらず、1点ビハインドで折り返した。

 後半開始直後、レアル・マドリードは再び痛いミスが出てしまう。バックパスを受けたGKクルトワが中央につなごうとして失敗。ホセルにインターセプトされ、そのままがら空きのゴールに決められた。前半に大ピンチでビッグセーブを見せていた守護神だが、今度はゴールを献上してしまう。

 その後、レアル・マドリードは交代枠を使いながら巻き返しを図るも、なかなか決定的なシーンがつくれない。アラベスの守備の集中も切れず、点差を縮めることができなかった。

 レアル・マドリードは86分、CKからようやくゴールを奪うも、残り時間で追いつけず試合終了。レアル・マドリードはリーグ戦で3試合白星なしとなっている。

【得点者】
5分 0-1 ルーカス・ペレス(アラベス)
49分 0-2 ホセル(アラベス)
86分 1-2 カゼミーロ(レアル・マドリード)

【了】

新着記事

↑top