北川航也がアーセナル戦で豪快ボレー弾! オーストリア紙はチーム最高評価タイ「彼の得点だけが試合の輝かしい場面」【EL】

2020年12月04日(Fri)8時47分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

北川航也
【写真:Getty Images】

【アーセナル 4-1 ラピード・ウィーン ELグループB第5節】

 ヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節、アーセナル対SKラピード・ウィーンの試合が現地時間3日に行われ、ラピード・ウィーンは1-4の敗戦を喫している。この試合でゴールを決めたラピード・ウィーン所属の北川航也について、オーストリアメディアがチーム最高評価タイの採点をつけた。

【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 10分にアーセナルのアレクサンドル・ラカゼットが先制点を決めると、18分にはパブロ・マリが追加点を決める。44分にはエディ・エンケティアが得点して3点差に。追いかける展開となったラピード・ウィーンも47分、波状攻撃からアーセナルのGKルナル・アレックス・ルナルソンが弾いた浮き玉を北川がダイレクトで蹴り込んで1点を返した。しかし66分にも失点し、ラピード・ウィーンは1-4の敗戦を喫している。

 オーストリアメディア『Laola1』は「北川のゴールだけが、試合の輝かしい場面だった」とし、GKリヒャルト・シュトレビンガーと共に北川にチーム最高評価タイとなる「3.0」の採点(1.0が最高、5.0が最低。数字が小さいほど高評価)をつけ、北川に対する寸評では「彼は素敵なボレーでラピード・ウィーン唯一のゴールを決めた」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top