最高額のオランダ人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。強力エアバトラーが登場

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いオランダ人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月11日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月14日(Mon)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:プレミアデビュー戦で得点

1214Bergwijn_getty
【写真:Getty Images】

FW:ステーフェン・ベルフワイン(オランダ代表/トッテナム)
生年月日:1997年10月8日(22歳)
市場価値:2800万ユーロ(約34億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今冬にトッテナムに加入したステーフェン・ベルフワインは、デビュー戦となったマンチェスター・シティ戦でいきなりゴール。マンチェスター・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンという力のある相手からも得点を奪った。今季は開幕当初こそベンチスタートが多かったが、ここのところは先発に名を連ねる試合が増えている。

 13歳のときにアヤックスからPSVに籍を移したベルフワインは、そのままトップチームまでカテゴリーを上げていった。エールディビジでは3度の優勝を経験。オランダの年代別代表でも常連で、21歳のときにA代表デビューしている。今年1月に3000万ユーロ(約36億円)の移籍金でトッテナムに加入。夏までPSVでプレーしていれば受け取るはずだったボーナスを諦めてまで移籍を決めている。

 ウインガーの名産地として知られるオランダ出身で、左右どちらでも特徴を活かせる万能さが持ち味だ。左ではカットインからのフィニッシュ、右では縦の突破でチャンスを生む。スピードに乗ったドリブルは、トッテナムが得意とするカウンターとの相性抜群だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top