なでしこFW岩渕真奈、今季限りでのINAC神戸退団を発表。イングランド1部移籍へ

2020年12月15日(Tue)13時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

岩渕真奈
【写真:Getty Images】

 なでしこリーグ1部のINAC神戸レオネッサは15日、なでしこジャパン(日本女子代表)FW岩渕真奈が今季限りで退団することを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クラブの発表によると、岩渕はFA女子スーパーリーグ(イングランド1部)のクラブへ移籍することが決まったという。手続きの関係でチーム名は明かされていないが、岩渕は公式サイトで「いつも応援してくださっている皆様、スポンサー様には1日でも早くお伝えしたかったので、今日発表する事にしました」と話している。なお、1月から新クラブに加入することになるという。

 また、来年秋にはINAC神戸も参戦が決まっている日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が開幕する予定だが、岩渕は「WEリーグという新しいプロリーグが日本で始まるという状況の中、私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます」と感謝を示した。

 岩渕はイングランド移籍を決めた理由について「私の中で今一番魅力的なリーグに所属しているチームから話をいただいて、迷う事なく行きたいと思いました。サッカー選手として、日々成長できる環境に身を置ける事を嬉しく思いますし、また1人の女性としても成長できるよう、いろいろな事にチャレンジしていきたいと思っています」とコメントしている。

 なでしこジャパンのエースとしても活躍する岩渕は2012年に日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)からホッフェンハイムに移籍。2014年にバイエルン・ミュンヘンに加入した。その後、2017年にINACへ移籍となっていた。

 今季のFA女子スーパーリーグは今年9月5日に開幕。第9節まで終了し、マンチェスター・ユナイテッドが首位に立っている。トッテナムには米国女子代表FWアレックス・モーガンなどが在籍し、FA女子は各国強豪国の選手が所属するリーグ。岩渕はイングランドで成長し、なでしこジャパンを再びワールドカップ優勝に導けるだろうか。

【了】

新着記事

↑top