相手に唾吐いたボルシアMGのフランス代表FWに重い処分。最大6試合出場停止&500万円の罰金

2020年12月22日(Tue)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

マルクス・テュラム
【写真:Getty Images】

 ドイツサッカー連盟が21日、ボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)に所属する23歳のフランス代表FWマルクス・テュラムに対し重い処分を下した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間19日に行われたブンデスリーガ第13節のボルシアMG対ホッフェンハイムの試合において、テュラムは78分にホッフェンハイムのシュテファン・ポッシュに対し唾を吐きかけた。この行為により、テュラムはレッドカードを提示されて退場処分を受けている。

 ドイツサッカー連盟の発表によると、テュラムには5試合の出場停止処分に加え、6試合目の出場停止処分は執行猶予付き。さらに、4万ユーロ(約500万円)の罰金処分を科したという。また、ボルシアMGもテュラムの給与を1ヶ月分減らす処分を行なっている。

【了】

新着記事

↑top