最高額のストライカーは誰だ? サッカー選手FW市場価値ランキング6~10位。ハーランドを筆頭に次世代を担うFWが集結【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いFWは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月13日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月14日(Thu)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:ハイブリッドなアタッカー

0114Gnabry_getty
【写真:Getty Images】

FW:セルジュ・ニャブリ(ドイツ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年7月14日(25歳)
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
今季リーグ戦成績:13試合出場/4得点2アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 多くのドイツ代表を輩出してきたシュトゥットガルトの下部組織でセルジュ・ニャブリは育った。16歳でアーセナルに渡るも、イングランドでは思うようなキャリアを築けず。21歳でブレーメンに移籍してチャンスを掴むと、ホッフェンハイムへの期限付き移籍を経てバイエルン・ミュンヘンの主力として活躍している。

 ニャブリはコートジボワール人の父とドイツ人の母との間に生まれた。しなやかな身のこなしとスピードはアフリカ系の選手を彷彿とさせるが、ドリブルの力強さはドイツ人FWの面影を残す。柔と剛を兼ね備えたプレースタイルこそがニャブリの武器。バイエルンではフランク・リベリーがつけていた背番号7を受け継いでいる。

 現在の市場価値は9000万ユーロ(約108億円)で、ドイツ人の中ではトップ。直近4シーズンで4人の指揮官の下でプレーしてきたニャブリは戦術的な柔軟性を備えており、左右両サイドでプレーできる。ブンデスリーガで最も止めることが難しいアタッカーの1人と言えるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top