4戦ぶり先発の岡崎慎司は及第点。スペイン紙「上位相手の勝ち点獲得は評価できる」

2021年01月24日(Sun)4時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

岡崎慎司
【写真:Getty Images】

【ウエスカ 0-0 ビジャレアル リーガエスパニョーラ第20節】

 リーガエスパニョーラ第20節、ウエスカ対ビジャレアルの試合が現地時間23日に行われ、試合は0-0の引き分けに終わった。この試合で4戦ぶりの先発出場を果たしたウエスカの岡崎慎司に対しスペイン紙は及第点を与えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ウエスカは12日にパチェタ新体制になって以降も連敗が続いていた。そのような状況の中で迎えた4位ビジャレアルとの試合。ビジャレアルにおされる展開となったが、ウエスカの選手は体を張ってビジャレアルの攻撃を防ぐ。攻め立てられたことで岡崎にもチャンスはなく、57分に交代してベンチに下がっている。最後までウエスカは耐え抜き、0-0の引き分けに持ち込んでパチェタ新体制で初の勝ち点を獲得した。

 スペイン紙『マルカ』はウエスカのハビ・オンティベロスだけに「星2つ」のチーム最高評価をつけ、岡崎を含むその他の選手には「星1つ」の採点を与えている。試合の寸評では「ファンのための魅力的な試合の興奮とリズムはほとんどなかったが、ウエスカは4回連続で敗戦した後、上位相手に勝ち点を獲得したことは評価できる」とコメント。また、スペイン紙『アス』は岡崎に「星1つ」の点数をつけている。

【了】

新着記事

↑top