エインズリー・メイトランド=ナイルズ
【写真:Getty Images】

 アーセナルに所属する23歳のイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズは、冬の移籍市場最終日となる1日に他クラブへレンタル移籍する可能性が高まっているようだ。レスター・シティも争奪戦に加わってきたと報じられている。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年に17歳でアーセナルのトップチームにデビューし、これまで公式戦通算121試合に出場しているメイトランド=ナイルズだが、レギュラーには定着できず。今季もプレミアリーグでの先発出場は5回にとどまっている。

 昨年デビューを飾ったイングランド代表で今年夏のEURO2020出場を目指すためにも、出場機会を得られるチームへのレンタルを希望しているとみられる。数日前にはすでにアーセナルのチームメートに別れを告げたとも報じられていた。

 移籍先の候補として有力視されていたのはサウサンプトンやウェスト・ブロムウィッチなど。だが英『スカイ・スポーツ』などによればレスターもメイトランド=ナイルズの獲得に名乗りを挙げ、3チームによる争奪戦が見込まれるという。

 レスターはベルギー代表MFデニス・プラートやナイジェリア代表MFウィルフレッド・ディディの負傷の穴を埋めたいと考えている模様。メイトランド=ナイルズに加えて、ワトフォードのMFナサニエル・チャロバーも新戦力候補としているようだ。

【フットボール批評がついにアーセナルを大特集! 日本一硬派なサッカー専門誌がすべてのグーナーに贈るバイブルの詳細は↓↓↓をクリック!】

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top