WBA

0413InamotoClub_getty

稲本潤一、所属クラブ歴代ポジション。ガンバ大阪、アーセナル、川崎フロンターレ…11クラブを渡り歩いた男の経歴

17歳でJリーグデビュー、21歳でアーセナル移籍という輝かしいキャリアを持つ稲本潤一。一方で9年半に及ぶ海外生活では7つのクラブを渡り歩くなど、紆余曲折を経験している。40歳を迎えた今も現役でプレーを続ける稲本の活躍を、所属したクラブごとに振り返っていく。

ワトフォード対レディングの試合

“ゴーストゴール”の判定を下した最年少主審が2年ぶりにプレミア復帰へ

プレミアリーグ第10節(現地時間11月1日)、レスター対WBAの一戦はスチュアート・アットウェル主審に決定した。

新着記事

↑top