チェルシー粉砕の10点満点評価! ウェスト・ブロムMFがすごい! 5得点を生み出した圧巻のデータとは?

2021年04月04日(Sun)10時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

マテウス・ペレイラ
【写真:Getty Images】

 プレミアリーグ第30節チェルシー対ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)が現地時間3日に行われた。ホームのチェルシーが2-5の敗戦を喫した。

【今シーズンのチェルシーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 公式戦15試合負けなしのチェルシーはホームで降格圏内のWBAと対戦。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するためにも勝ち点を積み重ねたいところ。

 先制したのはチェルシー。マルコス・アロンソのFKのこぼれ球をクリスティアン・プリシッチが押し込んで先制に成功。だが、チェルシーは直後に退場者を出してしまう。

 チェルシーは自陣でボールを奪われると、WBAのオカイ・ヨクシュルにシュートを打たれる。ヨクシュルのシュートに対してチアゴ・シウバがスライディング。シュート後のヨクシュルの足にスライディングが入ってしまい、ファールの判定。開始5分にもイエローカードをもらっていたシウバは2枚目のイエローカードで退場処分となってしまった。

 そして前半ATの47分、GKからのロングボールにマテウス・ペレイラが反応しチェルシーのDFライン裏に抜け出す。最後はループシュートでゴールネットを揺らした。同点に成功したWBAはその2分後、チェルシーはまたも自陣でボールを奪われ失点。最後は再びペレイラがゴールを決め、WBAが一気に逆転に成功した。

 その後、ペレイラは右サイドでダーネル・ファーロングにスルーパス。クロスに対してカラム・ロビンソンがダイレクトで合わせゴールネットを揺らす。続く68分にはペレイラのアシストからエンバイェ・ディアニェがゴールを決める。

 チェルシーは71分にメイソン・マウントのゴールで1点を返すが、後半ATにも失点。またもペレイラからのスルーパスにロビンソンがゴールを奪った。ペレイラは2ゴール2アシストを含む全得点に絡む活躍でチェルシー戦の勝利に貢献した。

 データサイト『WhoScored』は5得点に絡んだペレイラに10点満点の評価。パス成功率は85.7%。クロスは4本、キーパスは3本でいずれもチームトップの数字となった。攻撃では必ずと言っていいほど顔を出し、WBAの攻撃を牽引。10点満点の評価でのマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)獲得は納得だ。


【動画】 ウェスト・ブロムMFがチェルシーを粉砕した試合はこちら


Show Player

参照元:DAZN

【了】

新着記事

↑top