39歳の元イングランド代表MFが現役引退。プレミアリーグ歴代最多出場記録を保持

2020年08月27日(Thu)20時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ギャレス・バリー
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティやアストン・ビラ、エバートンなどでプレーした元イングランド代表MFギャレス・バリーが現役引退となった。プレミアリーグの公式ツイッターなどが伝えている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 WBAに所属していたバリーは2017年9月25日のアーセナル戦で633試合出場を記録。プレミアリーグ創設後のライアン・ギグス氏の632試合という歴代最多出場記録を更新した。バリーはその後も出場試合数を重ね、プレミアリーグ歴代最多出場記録の653試合に出場している。

 現在39歳のバリーはアストン・ビラの下部組織から1998年にトップチームデビュー。2009年にはシティに移籍。プレミアリーグ、FAカップなどのタイトルを獲得。2013年にはエバートンへ1年間のレンタルとなり、翌年に完全移籍に移行。2017年からWBAでプレーしていた。バリーはプレミアリーグ通算653試合出場53得点51アシストを記録した。

【了】

新着記事

↑top