シティ対WBAで人違い退場させた主審が誤審を認め謝罪

2015年03月22日(Sun)20時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

シティ対WBAで人違い退場させた主審が誤審を認め謝罪
誤審を認めるスワーブリック主審【写真:Getty Images】

 21日に行われたプレミアリーグ第30節のマンチェスター・シティ対ウェストブロムウィッチ(WBA)の一戦で、試合開始直後に選手を間違えて退場させたニール・スワーブリック主審が誤審を認め、謝罪の声明書を発表した。

 問題のシーンは前半2分、WBAのDFクレイグ・ドーソンがシティのFWウィルフリード・ボニをタックルで倒したが、スウォーブリック主審はそのプレーの直後に同選手に接触したDFガレス・マコーリーに誤ってレッドカードを提示していた。

 英メディア『フォー・フォー・ツー』によれば、イングランドプロ審判協会は「スウォーブリック主審は、ファウルを犯したのが別の選手だったことを認めており、この一件は人違いとして処理される。主審は自分の間違いを謝罪した」と声明を発表している。

 プレミアリーグでは今季、2月28日の行われたマンチェスター・ユナイテッド対サンダーランドの試合でも、ロジャー・イースト主審がサンダーランドのDFウェズ・ブラウンとDFジョン・オシェイを間違えてレッドカードを提示し、今回の一件と同様の事件が起きていた。尚、イングランドサッカー協会(FA)はその誤審を認め、当該選手の出場停止処分を取り消している。

 試合は開始直後に数的優位を手にしたシティが終始圧倒し、ボニ、MFフェルナンド、MFダビド・シルバのゴールで3-0と快勝している。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

本当に強くなるために必要なこと
サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top