菅原由勢、値千金の決勝弾。先発継続へ「毎試合最後のつもりで戦っている」

2021年02月07日(日)21時14分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

菅原由勢
【写真:Getty Images】

 オランダ1部のAZに所属する日本代表DF菅原由勢は、現地時間6日に行われたエールディビジ第21節のFCエメン戦で決勝ゴールを挙げた。クラブ公式チャンネルが試合後のインタビューを伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 12試合連続の先発で出場した菅原はチームが1-0の勝利を収めた試合で唯一のゴールを記録。左サイドからのクロスがゴール前を横切ってエリア右にこぼれたところに反応し、右足でのシュートを蹴り込んだ。

 この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された菅原は、「ゴールを決めてチームを助けることができて嬉しく思います」と試合後にコメント。シュートは相手DFの足に当たったこともあり「ラッキーだった」としながらも、チームに勝ち点3をもたらした殊勲弾を喜んでいる。

「今日はみんな他にもたくさんチャンスがあったので、もっと決めて3-0や4-0にするべきだったと思います。それはできませんでした」と菅原。それでも「一番大事なのはとにかく勝つことなので。良かったです」と満足した様子を見せた。

 AZは前節までユトレヒトとアヤックスに2連敗を喫していた。「最近2試合はすごく残念でしたが、それで僕らはよりシャープに、スマートに戦えるようになりました」と菅原はチームの変化について語り、今後に向けては「もっとシュート練習が必要。戦い方も考えないと」とさらなる改善への意気込みを示した。

 今季序盤はなかなか出場機会を得られなかった菅原だが、ノルウェー代表DFヨナス・スベンソンの負傷の穴を埋める形で先発に定着した。「彼はAZで最高の選手の一人だと思います。僕もたくさんのことを教わりましたし、負傷は残念です」と菅原は述べつつ、「チームメートやコーチ陣を納得させられるように、僕にとってはひとつひとつの試合が全て重要です。毎回最後の試合のつもりで戦っています」と試合に臨む姿勢について語っている。

【了】

新着記事

↑top