香川真司、ギリシャリーグでもデビュー。途中出場で存在感も、PAOKは引き分け

2021年02月07日(Sun)23時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

香川真司
【写真:Getty Images】

【PAOK 2-2 アポロン・スミルニ ギリシャ1部第21節】

 ギリシャ1部リーグ第21節のPAOK対アポロン・スミルニが現地時間7日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わった。PAOKのMF香川真司は62分から途中出場。ギリシャ1部リーグデビューを飾っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3日にカップ戦でPAOKデビューを果たしていた香川は、この日もベンチスタート。4位PAOKと10位アポロンの対戦ということで、前半はホームチームが押し込み、29分にワルダのゴールで先制して折り返した。しかし、後半の立ち上がりにPKを献上。52分に同点弾を許してしまう。

 するとPAOKは60分すぎに2枚替え。そのうちの1人が香川だった。

 香川は投入直後にミドルシュートを試みると、これはDFにブロックされてしまったが、得意のエリアで頻繁にボールにタッチ。PAOKにリズムをもたらす。

 完全に主導権を握っていたPAOKだが、終盤に落とし穴。81分、アポロンに攻め込まれると途中出場のフェルナンデスにゴールを決められ、逆転を許してしまう。

 残り時間で攻め急ぐPAOKは88分、CKからゴールを奪って2-2の同点とする。しかし、逆転弾を奪うには至らず試合終了。勝ち点3が欲しかった試合を引き分けで終えている。

【得点者】
29分 1-0 ワルダ(PAOK)
52分 1-1 ツァブリス(アポロン・スミルニ)
81分 1-2 フェルナンデス(アポロン・スミルニ)
88分 2-2 インガソン(PAOK)

【了】

新着記事

↑top