英プロサッカー選手協会、アジア人選手増加に取り組む。5ヶ年計画を始動

2021年02月09日(Tue)23時17分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

南野拓実
【写真:Getty Images】

 イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は9日、同国のプロサッカー界においてアジア出身の選手数を増やしていく取り組みを今後5年間にわたって正式に実施していくことを表明した。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アジアン・インクルージョン・メンタリング・スキーム(AIMS)と名付けられた取り組みは、昨季から試験的に実行されていたが、今回改めて正式なスタートを表明。アジアの選手たちに対するサポートを強化し、選手数を増やしていくことを目的としている。

 PFAによればアジア人およびアジア系英国人は現在イギリスの人口の7.5%近くを占めているが、昨季のプレミアリーグおよびイングリッシュ・フットボール・リーグ(2~4部)でトップチームの試合に出場したアジアの選手は8人のみ。今季は過去最高の15人がプロ契約を交わしているが、それでも「衝撃的なまでに小さな数字」だとしている。

 PFAでは今後5年間にわたって、クラブのアカデミーでプレーする若いアジア人選手へのサポートを強めてプロキャリアへの道を助ける、アジア人選手の指導者ライセンス取得を促す、女子スーパーリーグにおいてもアジア人選手をサポートするなどの活動を行っていくと表明している。

 現在のプレミアリーグでは日本の南野拓実(サウサンプトン)、韓国のソン・フンミン(トッテナム)、イランのアリレザ・ジャハンバクシュ(ブライトン)らがプレーしている。PFAの取り組みが効果を表したとすれば、今後各クラブの下部組織出身のアジア人選手も出てくるかもしれない。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top