リバプール、冬にナポリDFの獲得狙っていた? クロップ監督が望むも取締役会が拒否か

2021年02月11日(Thu)8時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

カリドゥ・クリバリ
【写真:Getty Images】

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が冬の移籍市場で、ナポリに所属する29歳のセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの獲得を望んでいたようだ。10日に英紙『メトロ』が報じている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 DFフィルジル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメス、DFジョエル・マティプなど守備陣に怪我人が相次いだリバプール。冬の移籍市場では最終日に急遽、DFベン・デイビスとDFオザン・カバクを獲得している。しかし、クロップ監督が希望する本命の選手は獲得できなかったようだ。

 同紙によると、クロップ監督はDFクリバリの補強を望んでいたものの取締役会に拒否されたという。クリバリの市場価値は1億ポンド(約144億7000万円)と評価されており、高額な移籍金が必要だった可能性がある。

 この件に関してクロップ監督は「私たちはセンターバックについて話した。それは100%役に立つことだ。私たちは常に状況について話し合い、提案することもある。だが、私の判断でお金を使うことは出来ない。私に決定権はない。全てを担当する人がいるので、私が決定を下すことはできない」とコメントしている。

 結果的にベン・デイビスとオザン・カバクを補強したが、冬の移籍市場が閉まった2月1日以降のブライトン戦は0-1敗戦。現地時間2月7日に行われたプレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦は1-4の敗戦を喫している。

【了】

新着記事

↑top