ハーランドが望むのは6つの“絶対的なトップクラブ”だけ。チェルシーを移籍先候補から除外か

2021年03月04日(Thu)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

アーリング・ブラウト・ハーランド
【写真:Getty Images】

 ドルトムントに所属する20歳のノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが、チェルシーを移籍先候補から除外したようだ。3日に独紙『シュポルト・ビルド』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 同紙によると、ハーランドは中途半端にステップアップすることを望んでおらず、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントス、レアル・マドリード、バルセロナといった6つの“絶対的なトップクラブ”だけを移籍先の選択肢として考えているという。そのため、チェルシーは眼中にないようだ。

 ハーランドは今季公式戦27試合に出場し27得点8アシストを記録。ずば抜けた得点力を発揮しており、複数のクラブから注目を集めている。夏の移籍市場で争奪戦になることは確実と言えそうだが、果たしてどのクラブがハーランドを獲得するのだろうか。

【了】

新着記事

↑top