C・ロナウド温存のユヴェントス、代役の活躍でラツィオに逆転勝利

2021年03月07日(Sun)6時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

20210307_cr_getty
【写真:Getty Images】

【ユヴェントス 3-1 ラツィオ セリエA第26節】

 セリエA第26節のユヴェントス対ラツィオが現地時間6日に行われた。試合は3-1でホームのユヴェントスが勝利した。

【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 チャンピオンズリーグのポルト戦を控えるユヴェントスは、クリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートとなった。

 立ち上がりの主導権はラツィオ。良いリズムで入ると、14分に先制する。ユヴェントスのクルゼフスキが後方へのパスをミスすると、コレアがボールを奪取。スピードに乗ってデミラルをかわし、ゴールネットを揺らした。

 ユヴェントスは30分を過ぎたあたりからペースをつかむと、39分にラビオがゴールを奪い、1-1に追いついて折り返す。

 後半は互角のスタートとなるが、57分に激しい攻撃の応酬。これを制したのがユヴェントスだった。カウンターのカウンターに出たユヴェントスは数的優位をつくると、キエーザがラストパス。抜け出したモラタが決めて2-1とした。

 さらに60分にはPKでモラタが加点し、リードを2点に広げると、ユヴェントスは69分にC・ロナウドを投入。終盤はスコアが動かなかったが、ラツィオに差を詰められることなく、3-1で勝利を収めた。

 ユヴェントスは首位インテルとの勝ち点差が暫定で「7」。ラツィオは公式戦3連敗となっている。

【得点者】
14分 0-1 コレア(ラツィオ)
39分 1-1 ラビオ(ユヴェントス)
57分 2-1 モラタ(ユヴェントス)
60分 3-1 モラタ(ユヴェントス)

【了】

新着記事

↑top