チェルシー指揮官、オウンゴール誘発&PK奪取で2得点関与のドイツ代表MFを高く評価「彼の才能に疑いの余地はない」

2021年03月09日(Tue)9時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

カイ・ハフェルツ、トーマス・トゥヘル監督
【写真:Getty Images】

【チェルシー 2-0 エバートン プレミアリーグ第27節】

 プレミアリーグ第27節、チェルシー対エバートンの試合が現地時間8日に行われ、チェルシーが2-0の勝利をおさめている。この試合で大活躍した21歳のドイツ代表MFカイ・ハフェルツを、チェルシー率いるトーマス・トゥヘル監督が称賛した。8日に英紙『ガーディアン』が報じている。

【今シーズンのチェルシーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ハフェルツは先発出場。すると31分、マルコス・アロンソのクロスにハフェルツが合わせ、エバートンのベン・ゴッドフリーのオウンゴールを誘発し、チェルシーに先制点が入った。さらに65分、ペナルティエリア内に侵入したハフェルツがエバートンのGKジョーダン・ピックフォードに倒されてPKを獲得。ジョルジーニョがPKを決めて、チェルシーが2-0の勝利をおさめている。

 トゥヘル監督はハフェルツについて「彼のパフォーマンスにはとても満足している。彼の才能に疑いの余地はない」とし、「今日、彼は素晴らしかった。彼はラインの間に現れ、スピードに乗った時に彼の可能性を発揮した。そして、彼は責任を持って最後までプレーした」と語り、様々なプレーを評価している。

【了】

新着記事

↑top