オレ・グンナー・スールシャール
【写真:Getty Images】

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグ、マンチェスター・ユナイテッド対ACミランが現地時間11日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。オレ・グンナー・スールシャール監督のコメントを英メディア『BBC』が掲載した。

【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アントニー・マルシャルの負傷で後半頭から出場したアマド・ディアロのバックヘッドで先制したユナイテッド。だが、後半ATにシモン・ケアーのヘッドで同点に追いつかれ、1-1のドローに終わった。

 試合についてスールシャール監督は「同点ゴールは厳しいものになった。しかし、いつも2ndレグで決まる。我々はポゼッションがスローだった。マンチェスター・シティとの試合のようにね」と振り返った。

 ユナイテッド加入後初ゴールを決めたディアロについてスールシャール監督は「アマド・ディアロはクリエイティブだ。彼は自由にプレーする。アマドは素晴らしいゴールを決めた。まだ学んでいる最中でもっと良くなる」と称賛している。

 果たしてユナイテッドは2ndレグでミランに勝利を収め、ベスト8に進出することができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top