なぜ…セリエAの“アシストマシーン”に異変発生!? チーム最多のキーパス記録なのに

2021年03月13日(Sat)10時09分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ルイス・アルベルト
【写真:Getty Images】

【ラツィオ 3-2 クロトーネ セリエA第27節】

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セリエA第27節、ラツィオ対クロトーネが現地時間12日に行われ、3-2でホームチームが勝利している。

 ラツィオは14分にセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが得点を奪い先制。しかし、30分に同点に追いつかれている。その9分後に再びリードを得たが、後半開始早々にまたも得点を与えてしまった。

 それでも、試合終盤に途中出場フェリペ・カイセドが大仕事。最下位クロトーネに苦戦しながらもなんとか競り勝ち、リーグ戦連敗を2で止めている。

 データサイト『Who Scored』内でクロトーネ戦のMOMに選出されたのは背番号10ルイス・アルベルトだった。同選手はフル出場を果たしており、39分にはチーロ・インモービレの落としたボールを右足でシュート。見事ゴール左隅へ流し込んでいる。

 そのL・アルベルトは持ち味であるパススキルでも違いを生んだ。開始8分には自陣からのロングフィードでインモービレのビッグチャンスを演出。74分にはペナルティーエリア手前からフワッとしたボールをミリンコビッチ=サビッチへ送り、79分にも似たような形からセルビア代表MFのチャンスを作った。

 しかし、インモービレやミリンコビッチ=サビッチはそれらを得点に結びつけることができず。L・アルベルトはこの日最多6本のキーパスを繰り出したが、アシストは一つもつかなかった。

 昨季セリエAで16アシストを記録した背番号10だが、今季はここまで0アシスト。寂しい数字となっている。しかし、パフォーマンスレベルが大きく低下しているわけではなく、1試合平均のキーパス数2.3本はここまでチーム最多の成績となっている。以前、アシスト量産の秘訣を「何時間ものトレーニングとチームメイトとの感覚」と話していたスペイン人MFだが、今季はやや運に見放されているのかもしれない。

【了】

新着記事

↑top