ハーランドは今日も凄まじかった。今季12度目の1試合2得点、速さとうまさが凝縮されたプレー

2021年03月21日(Sun)11時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

1115Haaland_getty
【写真:Getty Images】

【ケルン 2-2 ドルトムント ブンデスリーガ第26節】

 ブンデスリーガ第26節、ケルン対ボルシア・ドルトムントが現地時間20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 衝撃的なゴールで試合は幕を開けた。エムレ・ジャンが最終ラインからロングボールを蹴ると、中央から右に流れる動きでアーリング・ハーランドがこれを収める。寄せるDFに身体を当てて前を向くと、GKの股を狙うシュートでゴールネットを揺らした。ジャンのキックの精度は言うまでもなく、ハーランドの速さと正確なトラップ、そしてDFをかわす軽やかな身のこなしが生んだゴールだった。

 しかし、ブンデスリーガでなかなか調子の上がらないドルトムントは、ケルンに逆転を許してしまう。試合は2-1のまま試合終盤に突入したが、ハーランドが再び立ち上がった。

 途中出場のアンスガー・クナウフが右サイドをドリブルで運ぶ。低いグラウンダーのクロスはGKとDFラインの間を鋭く抜け、ゴール前に侵入したハーランドがゴールに押し込んだ。ハーランドは前に立っていたケルンのホルヘ・メレの死角に潜り込み、背後にいたベンノ・シュミッツより一瞬先にボールに触った。巧みなポジショニングによって生まれたゴールだった。

 相手を抜き去るスピード、寄せられても乱れないトラップ、そしてゴール前での巧みなポジショニング。ハーランドのフィジカルと技術が集結した2得点だった。


●ハーランド、速さとうまさが凝縮された2得点はこちら!


参照元:YouTube


【了】

新着記事

↑top