本田圭佑、アゼルバイジャンデビュー戦で輝けず。「まだ時間が必要」と現地メディア

2021年04月05日(Mon)17時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

本田圭佑
【写真:Getty Images】

 アゼルバイジャン1部リーグ第21節のネフチ・バクー対スムガイト戦が現地時間4日に行われ、アウェイのスムガイトが2-0で勝利を収めた。ネフチのMF本田圭佑は交代出場で新天地デビューを飾っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ネフチに加入後初の公式戦を迎えた本田はベンチスタート。チームが前半に2失点を喫したあと後半開始から投入され、ブラジルのボタフォゴに在籍していた昨年末以来約3ヶ月半ぶりの公式戦出場となった。

 だがスコアはそのまま動かず、ネフチはホームで0-2の敗戦。アゼルバイジャン『スポルトインフォ』は「本田はネフチを悲しみから救えなかった」、『アゼリスポーツ』は「本田のデビュー戦はうまくいかず」と試合について報じている。

「初の試合となった日本人MFは、まだコンディションを整える必要があることを示した。それでも才能は垣間見せたが、まだある程度時間が必要だ」と現地メディアは本田のデビュー戦の印象について記している。

 サミル・アバソフ監督も、試合後の会見で本田について多くを語ることはなかった。「今日はどの選手についても話したくはない。本田も含めてチーム全体にとって悲しい試合だった」とコメントが伝えられている。

 8年ぶりのリーグ優勝を目指すネフチは、7連覇中の王者カラバフと勝ち点で並んで首位に立っていたが、この敗戦で2位に後退。次節は10日土曜日に5位のガバラとアウェイで対戦する。

【了】

新着記事

↑top