PSG、最悪の補強は…歴代ガッカリ高額移籍5人。総額161億円、大金を無駄にした男たち

フランスで圧倒的な強さを誇るパリ・サンジェルマン(PSG)はこれまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手も少なくない。ここでは、PSGが高額な移籍金を支払って獲得したものの、それに見合う活躍ができなかった選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

2021年04月19日(Mon)7時00分配信

シリーズ:歴代ガッカリ高額移籍5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

フランスの天才FW!レアルから復帰も半額以下でマンCに売却

ニコラ・アネルカ
【写真:Getty Images】

FW:ニコラ・アネルカ
生年月日:1979年3月14日(42歳)
移籍金:3450万ユーロ(約45億円)
在籍期間:96年夏~97年夏、00年夏~02年夏
リーグ戦成績:49試合11得点2アシスト


【今シーズンのPSGの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 レアル・マドリードやアーセナル、リバプールやマンチェスター・シティ、チェルシーやユベントスなどのビッグクラブでプレーしたニコラ・アネルカもパリ・サンジェルマン(PSG)では大金に見合った活躍を見せることができなかった。

 2000年にマドリーから3450万ユーロ(約45億円)という当時では破格の移籍金で加入したアネルカだったが、総合的に考えるとガッカリの移籍と言えるだろう。2001年にリバプールへレンタルとなり、翌年にシティへ加入となった。

 マドリー移籍を境に低迷となったアネルカ。2006年ドイツワールドカップに臨むフランス代表には選出されず。2010年の南アフリカワールドカップに出場するも、グループリーグ第2戦のメキシコ代表戦のハーフタイムにレイモン・ドメネク監督に暴言を吐いたとして、フランス代表から追放。18試合の出場停止処分を言い渡され、同大会後に代表引退を表明した。

 シティやチェルシー、ボルトンで活躍したフランスの天才FWはPSGでは大金に見合った活躍はできなかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top