銀河系軍団と称されたレアル・マドリードはタイトル獲得を義務付けられたスペインの名門クラブで、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2000年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

33歳でもセリエA史上最高額でユベントス移籍。サッカー界のスーパースター

クリスティアーノ・ロナウド
【写真:Getty Images】

FW:クリスティアーノ・ロナウド
生年月日:1985年2月5日
移籍金:9400万ユーロ(約122億円)
在籍期間:2009年夏~2018年夏
リーグ戦成績:292試合311得点96アシスト


【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サッカー界のスターでサッカーファンのみならず、世界でこの選手を知らない者はいないほどのスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウドは当然最高の補強と言える。

 マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍した際の移籍金は、当時のジネディーヌ・ジダンの記録を上回るサッカー史上最高額の9400万ユーロ(約122億円)だった。カカ、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらとともにマドリーに加入しクラブを変えた一人だ。

 C・ロナウドといえばやはりその身体能力だろう。フィジカルやスピードは圧倒的。空中戦の強さも言うまでもない。さらに卓越されたテクニックを持ち合わせ、観る者を魅了してきた。マドリーに在籍していた約9年間で公式戦438試合に出場し450得点を記録。1試合平均1ゴール以上は異次元だ。

 衰えを知らないC・ロナウドはマドリーで数々のタイトルを獲得。2018年7月にマドリーからユベントスに移籍した際の移籍金はなんと1億1700万ユーロ(約152億円)。33歳でありながら、セリエA史上最高額で移籍となった。高額の移籍金を支払うも、クラブに数々のタイトルをもたらしながら30歳を過ぎても100億円以上で売却したという意味でも最高の補強となったと言える。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top