どれも素晴らしい! アーセナルが誇るストライカー、オーバメヤンのトップ5ゴールを見逃すな

2021年04月25日(Sun)11時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ピエール=エメリク・オーバメヤン
【写真:Getty Images】

 アーセナルが誇るエースストライカー、ピエール=エメリク・オーバメヤンは、ここまでプレミアリーグ通算63得点をマークしており、2018/19シーズンには同リーグ得点王にも輝いている。今季こそ不調に喘いでいるが、間違いなく世界を代表するFWの一人だと言えるだろう。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 そんなオーバメヤンのプレミアリーグにおけるこれまでのトップ5・ゴールは、どのようなラインナップになっているのだろうか。

 まず一つ目はプレミアリーグデビュー戦となった2017/18シーズンの第26節エバートン戦。3-0で迎えた37分、ヘンリク・ムヒタリアンのスルーパスに抜け出したオーバメヤンは飛び出してきたGKジョーダン・ピックフォードを無力化するように左足でフワッとボールを浮かせ、ゴールネットを揺らしている。

 二つ目は2018/19シーズンの第4節カーディフ戦。メスト・エジル→アレクサンドル・ラカゼットとテンポよくパスが繋がると、最後にボールを受けたオーバメヤンは右足でコントロールショットを放ち、ゴールネットを揺らしている。

 三つ目に取り上げられたのが2018/19シーズンの第14節、トッテナムとのノースロンドンダービーによる56分のゴールだ。右サイドから流れてきたボールを中央で受けると、迷わず右足でダイレクトシュート。GKウーゴ・ロリスは一歩も動くことができず、ボールをゴールへと吸い込まれた。

 四つ目は昨季の第2節バーンリー戦。左サイドでボールを受けたオーバメヤンはカットインを仕掛けると、最後はDF二人の間を射抜いてニアサイドにシュートを突き刺している。これが決勝点となり、アーセナルは勝利を収めた。

 そして最後に選出されたのが、昨季の第6節アストン・ヴィラ戦の得点。2-2で迎えた84分、アーセナルはフリーキックを得ると、キッカーのオーバメヤンは壁の上ではなく横を狙ってシュート。これが見事に突き刺さり、アーセナルはホームで勝ち点3を得ることに成功している。

 冒頭でも記した通り、今季のオーバメヤンは不調に喘いでいる。しかし、このまま腐っていく選手ではないだろう。ここで紹介したトップ5ゴールのように、再びサポーターを沸かせる得点を量産してくれる日が来ることを期待したい。

【動画】世界屈指のFW! オーバメヤンのアーセナルでのトップ5ゴールがこれだ!

Show Player


参照元:DAZN

【了】

新着記事

↑top