ピエール=エメリク・オーバメヤン

0902aubameyang2_getty

アーセナル、中央で蘇ったオーバメヤン。“いい時間帯”に試合を決めるストライカーの非凡な才能

プレミアリーグ第4節、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーが現地1日に行われ、2-2で引き分けた。アーセナルは2点を先行されたものの、そこから盛り返して勝ち点1を獲得。ウナイ・エメリ監督が施した交代策によって、エースストライカーの非凡な才能が最大限に生かされた。(文:加藤健一)

アーセナル

アーセナル、“鬼門”攻略も浮き彫りとなった課題。CL出場権獲得へ、結果に肉付けすべき強み

プレミアリーグ第1節、ニューカッスル対アーセナルが現地時間11日に行われた。今季こそはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すアウェイチームは、90分通して内容面で課題が浮き彫りとなったが、オーバメヤンの得点でなんとか勝ち切っている。鬼門である敵地での一戦を攻略した同クラブ。今後、修正していくポイントはどこにあるのか。(文:小澤祐作)

5031%e3%82%a8%e3%82%b8%e3%83%ab

EL決勝、チェルシー対アーセナルはなぜ3点差もついたのか? 完璧なはずの守備戦術が破綻した理由

ヨーロッパリーグ決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われ、4-1でチェルシーがタイトルを手にした。スコアほどの差はなかった両チームだが、アーセナルはなぜ4失点を喫したのか。完璧だった前半から後半に崩壊した理由を探る。(文:内藤秀明)

アーセナル

アーセナル、屈辱的大敗の理由。チェルシーにやられ放題となった45分間、沈黙した強力な武器

ヨーロッパリーグ決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われ、4-1で前者が勝利を収めている。来季のCL出場権獲得のため、是が非でも勝利が欲しかったアーセナルだが、ライバルクラブ相手に屈辱的な大敗を喫し、アゼルバイジャンの首都バクーで涙を流す結果となった。敗因は一体どこにあるのだろうか。(文:小澤祐作)

ELベストイレブン

18/19ヨーロッパリーグベストイレブン。長谷部誠は選外、上回った2人のCBとは? Fチャン編集部選定の名手たち【編集部フォーカス】

チェルシーの優勝で幕を閉じた今季のヨーロッパリーグ。最後の最後まで白熱したバトルが繰り広げられた今大会であったが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのヨーロッパリーグベストイレブンを発表する。

20190529_el_getty

EL決勝、有利なのはチェルシー? アーセナルも意気込みは十分。白熱必至の一戦、果たして【EL決勝プレビュー】

プレミアリーグ3位で終わったチェルシーと、同5位で終わったアーセナル、イングランドのチーム同士が現地時間29日に行われるヨーロッパリーグ決勝で激突する。しかも同じロンドンのチームということもあり、開催地のバクーでは熱い戦いが繰り広げられることは間違いない。(文:内藤秀明)

0529arsenal

アーセナル、EL決勝予想スタメン。初のEL優勝、2度目の欧州タイトルを狙う11人は誰だ?【編集部フォーカス】

ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われる。1993/94シーズンのUEFAカップウィナーズカップ優勝以来、2度目の欧州国際タイトルを狙うアーセナルはどのようなメンバーで臨むのだろうか。先発出場が予想されるアーセナルの11人を紹介する。

0527premier

18/19プレミアリーグベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグを彩った名手たち【編集部フォーカス】

プレミアリーグで10年ぶりとなる連覇を達成したマンチェスター・シティと、2位としては史上最多となる勝ち点97を獲得したリバプール。両チームによるハイレベルな優勝争いが注目となった今季のプレミアリーグで、どのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表する。

新着記事

FChan TV

↑top