ピエール=エメリク・オーバメヤン

0127Pepe_getty

アーセナル、背番号19はなぜ左サイドで輝いたのか? オーバメヤン不在のピンチを救ったサプライズ起用【分析コラム】

プレミアリーグ第20節、サウサンプトン対アーセナルが現地時間26日に行われ、1-3でアーセナルが勝利した。ピエール=エメリク・オーバメヤンを欠くアーセナルは速攻が炸裂。好調を維持するチームの中で新発見は、左サイドで起用されたニコラ・ペペだった。(文:加藤健一)

アーセナル

アーセナル、ニューカッスル戦は文句なし。オーバメヤンも久々爆発、追い風は確かに吹いている【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間18日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。ニューカッスルは前節から多くの変更を行っていたが、大失敗に終わった。一方のアーセナルはそんな相手の体たらくを見逃さず。エースにも久々に点が生まれるなど、申し分ない勝利を手に入れた。(文:小澤祐作)

20201223_focus_getty

世界最大の暴落は誰? サッカー選手市場価値下落ランキング16~20位。「哀れなやつ」SNSで注目を集めるのは…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなったサッカー界で、2020年に最も市場価値を下げたのは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値下落額ランキングを紹介する。※2020年1月1日と現在の市場価格を比較。数字は12月22日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1218Africa1_5_getty

最高額のアフリカ人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。総額約453億円のフィジカルモンスターたち

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いアフリカ人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月17日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

メスト・エジル

アーセナルはエジルにもう一度チャンスを。アルテタ監督の構想外も…逆襲への最後の切り札に?【分析コラム】

現地16日にプレミアリーグ第13節が行われ、アーセナルはサウサンプトンと1-1で引き分けた。3連敗は脱したものの、直近のリーグ戦5試合で3人目の退場者を出すなど、相変わらずアーセナルは不振を極める。もうすぐシーズンも折り返しで降格圏スレスレをさまよう名門に、状況を好転させる策はあるのだろうか。(文:舩木渉)

グラニト・ジャカ

アーセナル自滅。屈辱のホーム4連敗でエメリ解任時を想起…ジャカの愚行が破滅への引き金に?【分析コラム】

現地13日にプレミアリーグ第12節が行われ、アーセナルはバーンリーに0-1で敗れた。グラニト・ジャカが愚かな暴力行為で退場処分を受け、キャプテンはオウンゴールで決勝点を献上。あまりに散々な敗戦に、不穏な空気を感じた。ミケル・アルテタ監督の時代は終焉に向かいつつあるのだろうか。(文:舩木渉)

ミケル・アルテタ

アーセナル、最低最悪なペペの愚行は…。今季ワーストゲームで消えたオーバメヤンの良さ【分析コラム】

プレミアリーグ第9節、リーズ・ユナイテッド対アーセナルが現地時間22日に行われ、0-0のドローに終わっている。ニコラ・ペペの退場で10人となったアーセナルはなんとか勝ち点1を拾ったが、攻守両面で良いところなく90分間を過ごした。今季ワーストゲームと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

1028Premier_getty

プレミアリーグ20/21 キャプテン一覧。イングランド人は? 在籍年数が最も長いのは…

プレミアリーグの2020/21シーズンが開幕した。連覇を狙うリバプール、覇権奪回を目論むマンチェスター・シティ、昇格初年度ながら旋風を起こすリーズなど、今季も話題に欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する。(加入年は最初に加入した時期)

ダビド・ルイス

アーセナル、プラン崩壊の原因は…。早くも今季3敗目、レスターが示した倒し方

現地25日にプレミアリーグ第6節が行われ、アーセナルはレスターに0-1で敗れた。ミケル・アルテタ監督とブレンダン・ロジャース監督が演じた戦術合戦は、思わぬ形で大きく動いた。なぜアーセナルは敗れてしまったのだろうか。(文:舩木渉)

新着記事

↑top