マンCのベテランMFがぶちかます! シャフタール時代の弾丸ロングシュートの“パンチ力”

2021年05月06日(Thu)23時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

フェルナンジーニョ
【写真:Getty Images】

 UEFAの公式SNSが、マンチェスター・シティのMFフェルナンジーニョが2008年、シャフタール・ドネツク時代に決めたスーパーゴールを紹介した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 チャンピオンズリーグのグループステージでバーゼルと対戦したシャフタール。シャフタールの主力だったフェルナンジーニョは、敵陣ほぼ中央やや右寄りの位置からのFKを担当した。

 長く助走をとったフェルナンジーニョは、直接狙う気マンマンといった様子。相手守護神もそれに備えていた。しかし、フェルナンジーニョのシュートの威力と精度がそれを上回る。右足の弾丸シュートが左のサイドネットめがけて一直線に吸い込まれた。

 2013年にマンチェスター・シティに移籍したフェルナンジーニョは、36歳となったいまもピッチで躍動中。チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのパリ・サンジェルマン戦ではフル出場し、シティの決勝進出に貢献した。

1 2

新着記事

↑top