遠藤航、最終節欠場もデュエル勝利数リーグ1位守る。総走行距離も6位

2021年05月23日(Sun)14時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

遠藤航
【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガのシーズン最終節となる第34節の各試合が現地時間22日に行われた。シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は最終節を欠場したが、「デュエル勝利数」リーグ1位を守って今季を終えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季ブンデスリーガ開幕から33試合連続の先発出場を続けていた遠藤だが、シュトゥットガルトがアルミニア・ビーレフェルトと対戦した最終節は警告累積で出場停止。試合は堂安律のゴールなどでビーレフェルトが2-0の勝利を収める結果となった。

 最終節は欠場したものの、遠藤は今季シュトゥットガルトのフィールドプレーヤーでは最長となる出場時間2957分を記録。33試合の出場で3得点4アシストを記録し、昇格1年目としては上々の9位フィニッシュに貢献した。

 対人の勝負強さを特に高く評価される遠藤は、「デュエル勝利数」のスタッツでリーグ首位を守ったまま全日程を終了。リーグ公式ウェブサイトのランキングによれば遠藤は合計476回の勝利を記録し、464回で2位のファビアン・クロス(ビーレフェルト)を上回った。

 他にも遠藤は、総走行距離365kmでリーグ6位、「インテンシブラン」2384回でリーグ9位など上位にランクイン。得点やアシストもあったが、それ以外の部分での貢献の大きさがデータに表れている。

【了】

新着記事

↑top