アルゼンチンの消えた逸材5人(2)。天国から地獄へ…「マラドーナの再来」と呼ばれた男。鳴り物入りでプレミア加入も…

2021年06月07日(月)10時00分配信

シリーズ:消えた逸材5人
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

若くして才能を披露して高く評価された選手が、そのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみコンディションを落とす選手がいれば、ピッチ外での問題で活躍の場を失っていく選手も多い。今回は大きな期待を背負いながらも、大舞台から姿を消したアルゼンチン人選手を紹介する。

マラドーナの再来と呼ばれたはずが

カルロス・マリネッリ
【写真:Getty Images】



MF:カルロス・マリネッリ
現所属クラブ:なし


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ボカ・ジュニアーズ下部組織出身のカルロス・ マリネッリはかつて”マラドーナ”の再来と呼ばれ、アルゼンチンを背負って立つと期待されていた。欧州でプレーするものの、アルゼンチンの消えた逸材の一人である。

 ボカの下部組織で活躍すると、17歳の時に当時プレミアリーグのミドルスブラに加入。鳴り物入りでプレミアリーグにやってきたマリネッリだったが、怪我にも悩まされ公式戦49試合の出場に終わった。

 2003年にはトリノへレンタル移籍。公式戦23試合の出場に終わりミドルスブラへ戻るが、同年11月に双方合意のもと契約を解除。2004年にフリーでボカに復帰となった。しかし、カルロス・ビアンチ監督との関係が崩壊し、十分なプレー機会を与えてもらえず。すぐにアルゼンチンのラシン・クラブへ加入となった。

 その後もクラブを転々とし、2015年にペルーのウニベルシダ・サン・マルティンで現役引退となった。攻撃MFとしてプレーし、”マラドーナの再来”と言われ期待されていたマリネッリだったが、A代表でのプレーは一度もなく現役を終えた。

【了】

新着記事

↑top