サッカー史上最高! スペイン伝説の5チーム。2強時代を終わらせたアトレティコ、バルセロナ・レアルの記憶に残るシーズンは…

2021年06月10日(Thu)7時00分配信

シリーズ:00年代を彩った伝説の5チーム
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

アトレティコ・マドリード(2013/14シーズン)

0610Atletico
リーガ・エスパニョーラ最終節・バルセロナ戦スターティングメンバー

アトレティコ・マドリード
2013/14シーズン成績
・リーガ・エスパニョーラ:優勝(勝ち点90/28勝4敗6分)
・コパ・デル・レイ:ベスト4
・チャンピオンズリーグ:準優勝
・スーペル・コパ:優勝
監督:ディエゴ・シメオネ
スタイル:カウンター

リーガ・エスパニョーラ最終節・バルセロナ戦スターティングメンバー
GK:ティボー・クルトワ
DF:ファンフラン、ミランダ、ディエゴ・ゴディン、フィリペ・ルイス
MF:ガビ、チアゴ・メンデス、アルダ・トゥラン、コケ
FW:ダビド・ビジャ、ジエゴ・コスタ

 ディエゴ・シメオネが現役時代を過ごしたアトレティコ・マドリードに監督として戻ってきたのは、2011年の年末だった。「強くて献身的で、チャンスに速く動けるチームをつくりたい」という就任会見での言葉通り、チームにファイティングスピリットを植え付けた。1年目にUEFAヨーロッパリーグを制し、2年目はコパ・デル・レイで優勝。着実に力をつけるアトレティコは、バルセロナとレアル・マドリードに立ち向かえるだけの力をつけていた。

 迎えた13/14シーズン、アトレティコは開幕8連勝という好スタートを切った。序盤戦はバルセロナとの一騎打ちだったが、出遅れたレアルも追い上げて三つ巴となった。前半戦でアトレティコはアウェイでレアルに勝利し、ホームでバルセロナとスコアレスドローの激戦を演じた。

 DFラインはディエゴ・ゴディンが統率し、中盤では主将ガビがエネルギーを注入する。ジエゴ・コスタはリーガで27得点を挙げるだけでなく、ファーストディフェンダーとしての貢献度も高かった。リーガ最少の26失点をマークした鉄壁のディフェンスは、リーガ史上でも最高レベルだった。

 2位バルセロナとの最終節は引き分け以上で優勝が決まる状況だったが、アトレティコは絶体絶命のピンチに陥る。前半にエースであるジエゴ・コスタとアルダ・トゥランが負傷交代。両者は涙を流しながら、ピッチを後にした。先制を許したが、ガビのCKからディエゴ・ゴディンが頭でたたき込んだ。シメオネイズムを体現する2人によるゴールで試合を振り出しに戻したアトレティコは、自慢の堅守でバルセロナの猛攻をしのいだ。

 コパ・デル・レイでは準決勝でレアルに連敗して連覇を逃した。一方、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝トーナメントでACミラン、バルセロナ、チェルシーを無敗で撃破。6試合で10得点だが、失点はわずか3と鉄壁の守備が光った。レアルとの決勝では、バルセロナ戦に続くゴディンのゴールで先制。しかし、試合終了間際に追いつかれ、延長戦で3失点を喫して力尽きた。

 それでも、リーガで9シーズン続いたバルセロナとレアルの2強時代に終止符を打っている。アトレティコが18年ぶり10度目のリーグ優勝を成し遂げたことで、その後のリーガは3強時代が始まることになる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top