チェコ代表FWのゴールがヤバすぎる! 指揮官も脱帽、歴史に残る目を疑うような一発とは?【ユーロ2020/動画付き】

2021年06月17日(Thu)11時04分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

パトリック・シック
【写真:Getty Images】



 現地時間11日に1年の延期を経て開幕を迎えたユーロ2020(欧州選手権)は、ここまでグループリーグの15試合を消化。そして、計34得点が生まれている。その中には、いくつかのスーパーゴールもあった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 最も強烈だったのは、現地14日に行われたグループリーグD組第1節、スコットランド代表対チェコ代表で誕生した一発だろうか。

 ハムデン・パークで開催されたこの試合は、前半終了間際に動く。42分、右サイドバックのウラジミール・ツォウファルからクロスが上がると、パトリック・シックが反応。187cmの長身を誇るストライカーはこれを頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 そして、目を疑うようなスーパーゴールが誕生したのは、1-0リードで迎えた52分のことだった。

 スコットランド代表選手のシュートがトマシュ・ソーチェクに当たりシックの下へこぼれると、同選手はハーフウェーライン付近から超ロングシュート。カーブを描いたボールは前に出ていたGKデイビッド・マーシャルに触れられることなく、ゴールネットへと吸い込まれた。

 データサイト『Opta』によると、シックのゴールは約45.45mの位置から決められたものだったという。これは、同サイトがユーロのデータ集計を始めた1980年大会以降、最長距離となったようだ。

 シックのスーパーゴール含む2得点があり、チェコ代表はスコットランド代表を2-0で撃破。試合後、勝利したヤロスラフ・シルハビー監督は「この世のものとは思えないものだった」とシックの2点目についてコメントを残した。ユーロという大会において長く語り継がれるゴールになったことは確かだろう。

 白星発進となったチェコ代表は次節、グループリーグ突破をかけクロアチア代表と対戦する。

1 2

新着記事

↑top