ピッチ上で心臓発作のエリクセンが手術終え退院。チーム訪問後に自宅へ

2021年06月19日(Sat)14時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

クリスティアン・エリクセン
【写真:Getty Images】


 デンマークサッカー協会(DBU)は18日、試合中に心臓発作を起こして病院に搬送され入院していたデンマーク代表FMFクリスティアン・エリクセンが退院したことを発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 エリクセンは12日に行われたユーロ2020(欧州選手権)のフィンランド代表戦でプレー中に転倒。その後の発表によれば心臓発作を起こし、一時的に心臓が停止していたという。病院に搬送されて意識を取り戻し、治療を受けていた。

 協会の発表によれば、エリクセンはICD(植え込み型除細動器)装着の手術を無事に終え、18日に退院したとのこと。退院後には代表チームの合宿地を訪問したあと、家族と過ごすため自宅へ戻ったと発表されている。

「たくさんの素晴らしいメッセージをありがとう。手術は成功して、今の状況の中では元気にしている。昨夜素晴らしい試合をしたみんなにまた会うことができたのは本当に素晴らしかった。もちろん月曜日のロシア戦に向けてみんなを応援するつもりだ」とエリクセンは協会を通してメッセージを述べている。

 デンマーク代表はフィンランドに敗れたあと、エリクセンを欠いた17日のベルギー代表戦にも1-2で敗戦。2連敗で厳しい状況となったが、21日に行われるグループ最終節のロシア代表戦で逆転突破を目指す。

【了】

新着記事

↑top