これぞ圧巻のスーパーゴール! 決めたのは現代最強ストライカー、相手DF二人を前にしながらも…【ユーロ2020/動画付き】

2021年06月25日(Fri)11時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ロベルト・レバンドフスキ
【写真:Getty Images】



 やはり世界最高のストライカーによる一撃は、凄まじいものがあった――。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 UEFAユーロ2020(欧州選手権)はグループリーグの全日程を終了した。大会はここから、負けたら終わりの決勝トーナメントに突入する。

 グループリーグ全36試合では数多くのスーパーゴールが誕生した。チェコ代表FWパトリック・シックの超ロングシュート、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの弾丸ミドル、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの右足アウトシュートなど、どれも目の覚めるような素晴らしいものだった。

 そして、グループリーグ最終日となった現地23日にもスーパーゴールが誕生した。決めたのは、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキである。

 現代最強のストライカーはロシアで行われたスウェーデン代表戦、2点ビハインドで迎えた61分、ピオトル・ジエリンスキのスルーパスに抜け出しペナルティーエリア内に侵入すると、右足でボールを少しズラし、相手DF二人を前にしながらも、その間からコントロールシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。抜け出し、コントロール、そしてシュート。すべてが完璧だった。

 さらにレバンドフスキは84分にもゴール。スコアを振り出しに戻した。

 レバンドフスキはこの2ゴールにより、ポーランド代表での通算得点数が「69」に到達。これはユーロ2020に参加しているポーランド代表の他25人による通算ゴール数の合計(34)の2倍以上にあたる数字である。ポーランド代表最大の強みであり、最大の弱みであるとも言えるかもしれない。

 大エースに2ゴールが誕生したポーランド代表は、アディショナルタイムに失点し2-3でスウェーデン代表に敗北。この結果、3戦未勝利でポーランド代表は大会から姿を消すことになった。レバンドフスキのプレーが決勝トーナメントで見られないのは、少し寂しい気もするが…。

1 2

新着記事

↑top