世界最高のストライカーは誰だ? サッカー選手CF能力値ランキング11位~15位。輝きを失わないミランの大ベテランは何位?(20/21シーズン版)

2021年07月08日(Thu)6時00分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:輝きを失わないスウェーデンの王様

ズラタン・イブラヒモビッチ
【写真:Getty Images】

FW:ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン代表/ミラン)
生年月日:1981年10月3日(39歳)
市場価格:400万ユーロ(約4.8億円)
20/21リーグ戦成績:19試合出場/15得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サッカー界においては大ベテランの域にいるが、その輝きは未だに失われていない。ミランに復帰した2019/20シーズンは半年間でリーグ戦10得点を奪い、背番号11を身に着けた2020/21シーズンは怪我もありながら同15得点を叩き出している。そして、今年4月にはクラブとの契約を2022年6月まで延長。この男の辞書に「限界」という言葉はないのかもしれない。

 身長195cm・体重95kgと十分すぎる体格を誇っておいて、当然ながら「フィジカル」や「空中戦」に強い。よりフィジカルコンタクトが激しくなるペナルティーエリア内でパワフルさを活かしてDFを無力化し、一気にゴールを奪ってしまうというプレーは昨季も何度か見られた。また、忘れてはならないのが決定力の高さ。40歳近くになってもここは健在である。

 フィニッシュだけでなく、ゲームの組み立てや崩しに高いレベルで関与できるのもズラタン・イブラヒモビッチの大きな魅力。「フィジカル」の強さと非凡な「テクニック」を持っているのでタメを作ることがうまく、意外性のある「パス」を繰り出すことも非常に多い。基本的には中央に留まっているが、流れの中ではサイドにも顔を出すなど、プレーの幅が広いのである。

 さすがに「スピード」やスタミナといった部分は他の選手に劣るが、強靭な「メンタル」も兼ね備えるイブラヒモビッチより恐ろしいFWがなかなかいないのも事実。スウェーデンの王様による冒険はまだまだ続いていく。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top