イタリア代表が53年ぶり2回目の優勝! イングランド代表はPK戦の末、悲願達成ならず【ユーロ2020/11日結果速報】

2021年07月12日(Mon)7時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

20210712_italy_getty
【写真:Getty Images】



 UEFAユーロ2020(欧州選手権)・決勝戦、イタリア代表対イングランド代表が現地時間11日にウェンブリー・スタジアム(イングランド)で行われた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 53年ぶりの優勝を目指すイタリア代表はマルコ・ヴェラッティ、ジョルジーニョ、フェデリコ・キエーザなど準決勝スペイン代表と同じ11人が先発した。一方、悲願の初制覇を目指すイングランド代表はハリー・ケイン、ラヒーム・スターリング、メイソン・マウントらがスタメン入り。戦前の予想と異なり、3バックシステムを採用している。

 世界が注目する一戦が動いたのは開始わずか2分のことだった。イングランド代表のカウンターが発動すると、最後はキーラン・トリッピアーのクロスをファーサイドのルーク・ショーがダイレクトボレー。これがゴールネットに突き刺さった。

 早々に1点ビハインドを背負ったイタリア代表は徐々にボールポゼッション率を高めイングランド陣内でプレーする時間を増やすも、なかなか効果的に崩せない。前半は6本のシュートを放ったが、そのほとんどが苦し紛れのものだった。

 後半に入ってもイタリア代表はボールを支配したが、イングランド代表の守備を崩すには至らない。65分まで、0-1というスコアは動かなかった。

 しかし67分、コーナーキックの流れから最後はレオナルド・ボヌッチが押し込み、イタリア代表はようやく同点に追いつくことに成功した。その後はお互いに追加点を奪うことなく、勝負は1-1のまま90分間を終えることになった。

 延長戦では両チームともに選手交代を行いながら1点を狙った。しかし、お互いに集中力を切らさず身体を張り続けたことでスコアに変化はなく。結局、優勝の行方はPK戦に委ねられることになった。

 PK戦はお互いに一人目が成功。二人目でアンドレア・ベロッティが失敗しイングランド代表はリードを得たが、その後マーカス・ラッシュフォード、ジェイドン・サンチョ、ブカヨ・サカと立て続けに失敗した。最後は3-2で、イタリア代表が53年ぶり2回目の優勝を果たすことになった。

【イタリア代表 1-1(PK3-2) イングランド代表 ユーロ2020・決勝】

▽得点者
2分 0-1 ルーク・ショー(イングランド)
67分 1-1 レオナルド・ボヌッチ(イタリア)

【了】

新着記事

↑top