「ドンナルンマが僕を救ってくれた」 決勝PK失敗を振り返るジョルジーニョ

2021年07月13日(Tue)22時27分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

ジョルジーニョ
【写真:Getty Images】



 チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、ユーロ2020(欧州選手権)決勝でのPK失敗について振り返った。母国ブラジルのテレビに語ったとして伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イタリア代表は現地時間11日に行われたユーロ決勝でイングランド代表と対戦し、1-1の同点でPK戦へ。両チーム4人ずつを蹴り終え、イタリアが3-2でリードした状況で、ジョルジーニョは5人目のキッカーとして登場した。

 準決勝のスペイン代表戦では決勝進出を決めるPKを非常に冷静に成功させていたこともあり、この名手のゴールを疑う者はほとんどいなかっただろう。だがゴール左隅へのシュートはGKジョーダン・ピックフォードに触られたあとポストを叩いて失敗に終わった。

「いつもチームのために全力を尽くそうとしているけど、残念ながらうまくいかない時もある。PKを失敗することになってしまって、あの瞬間は世界が崩れ落ちるようだったよ。イタリア代表に勝利をプレゼントしたかったからね」とジョルジーニョは振り返っている。

 だがジョルジーニョとイタリアにとっては幸いなことに、GKジャンルイジ・ドンナルンマがイングランドの5人目を止めてイタリアの優勝を決めた。「ドンナルンマが止めることは分かっていた。幸いゴール前にはあの怪物がいて、僕を救ってくれたよ」とジョルジーニョは感謝の思いを表した。

 チェルシーでチャンピオンズリーグ優勝も達成したジョルジーニョは今年度のバロンドール候補にも挙げられる。「受賞の基準次第だと思う。才能という話なら僕が世界一じゃないと分かっている。でもタイトルに基づいて選ぶというなら、今季僕ほど多くのものを勝ち取った選手は誰もいないね」と受賞の見通しについて語っている。

【了】

新着記事

↑top