東京五輪、最年少選手はフランス代表の17歳。最年長はブラジル代表の…

2021年07月21日(Wed)0時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ダニ・アウベス、イスマエル・ドゥクレ
【写真:Getty Images】



 東京五輪男子サッカーが22日にいよいよ開幕する。今大会に出場する各国メンバーの中で最年少、最年長の選手は誰だろうか。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響により1年延期された今回の五輪には、通常の23歳以下ではなく24歳以下の選手たちが出場可能となる。加えて、各チーム3人までのオーバーエイジ(OA)選手をチームに含めることが認められている。

 今大会の最年少選手となるのはU-24フランス代表のDFイスマエル・ドゥクレ。五輪開幕時点では全選手中唯一の17歳であり、初戦2日後の7月24日に18歳の誕生日を迎える。

 ドゥクレは昨年10月にフランス2部のヴァランシエンヌでプロデビュー。2020/21シーズンはリーグ戦19試合を含む公式戦22試合に出場していた。

 ドゥクレに次いで若い選手はスペインのMFペドリ(18歳8ヶ月)。フランスのDFティモテー・ペンベレ(18歳10ヶ月)が3番目、日本のGK鈴木彩艶(18歳11ヶ月)が4番目となる。

 OA枠では30歳以上のベテラン選手も数多く出場する。大会の最年長選手となるのはブラジルのレジェンド、DFダニ・アウベス。1983年5月生まれの38歳だ。メキシコのGKギジェルモ・オチョアが36歳で2位、フランスのFWアンドレ=ピエール・ジニャックが35歳で3位に続いている。

【了】

新着記事

↑top