アーセナル最強のパサーは誰だ? 21世紀アシストランキング1~5位。セスク、ベルカンプ…。ファンを魅了した天才たちの順位は?

2021年08月24日(Tue)6時30分配信

シリーズ:21世紀アシストランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

4位:16歳で加入した早熟の韋駄天

20210820.ウォルコットGetty
【写真:Getty Images】



FW:セオ・ウォルコット(元イングランド代表)
在籍期間:2006年冬~18年冬
クラブ通算成績:398試合108得点78アシスト
代表通算成績:47試合8得点8アシスト

 16歳でサウサンプトンのトップチームデビューを果たしたセオ・ウォルコット。チャンピオンシップ(2部)で5か月間プレーしただけで、強豪アーセナルへステップアップを果たした。

 驚異的なトップスピードを叩き出す早熟のアタッカーは、大きな期待を寄せられた。ティエリ・アンリがつけていた背番号14を08/09シーズンから背負うと、プレミアリーグでは10/11シーズンからの3年間で31得点30アシストという成績を残した。イングランド代表にも定着し、ユーロ2012(欧州選手権)でもプレーしている。

 しかし、大怪我がウォルコットの活躍を阻む。2014年に左膝の前十字靭帯を断裂し、同年のワールドカップ出場を逃している。その後は負傷と復帰を繰り返しながら、16/17シーズンに2ケタ得点を挙げて復活を印象付けた。しかし、翌シーズンは出番を失い、冬の移籍市場でアーセナルを去ることに。エバートンでも怪我に苦しむ時期が続き、昨年10月に古巣サウサンプトンに復帰。最初のシーズンは期限付き移籍だったが、今季からは完全移籍へと切り替わっている。

 怪我に苦しんだ時間は長いが、ウォルコットがアーセナルで輝いたことは間違いない。歴代得点数は5位で、アシスト数は4位。ベンゲルの晩年を支えた貴重なプレイヤーだった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top