メスト・エジル

エメリ

アーセナルは最悪記録更新…問題点はどこにあるのか。好調レスターに為す術なし

プレミアリーグ第12節、レスター対アーセナルの一戦が現地時間9日に行われ、結果はホームチームが2-0と勝利した。ウナイ・エメリ監督の解任が現実を帯びていく中でこの試合は是が非でも勝ちたかったアーセナル。守備意識を高く持って挑むも、その姿勢からは勝ちたいという気持ちは見られなかった。(文:松井悠眞)

1103Ozil_getty

エジルはアーセナルの「駒」か「軸」か? 先発起用で際立ったデメリット、指揮官の不可解な采配

プレミアリーグ第11節、アーセナル対ウォルバーハンプトンの試合が現地2日に行われ、1-1の引き分けに終わった。MFメスト・エジルは、リーグ戦でおよそ1ヶ月半ぶりの先発となったが、チームを勝利に導くことができず、アーセナルはこれで3戦未勝利となった。1点をリードしたものの、ウナイ・エメリ監督の不可解ともいえる選手交代の直後に悲劇は起きた。(文:加藤健一)

1024ozil_getty

エジルとアーセナルの苦悩。もどかしすぎる…一貫性なきエメリ監督は逃げるべからず【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

メスト・エジルは今季、アーセナルで不遇の時を過ごしている。ここまでリーグ戦の出場は1試合、わずか71分のみ。ウナイ・エメリ監督はダニ・セバジョスやジョセフ・ウィロックを起用し、エジルを実質的な構想外としている。しかし、エジルを起用しないエメリの発言を辿っていくと、指揮官のプランは一貫性を欠いていると言わざるを得ないだろう。(文:粕谷秀樹)

ラカゼット

アーセナルはなぜ大金星を許したのか? インテンシティと司令塔の存在、この試合に見た課題とは

プレミアリーグ第9節、シェフィールド・U対アーセナルが現地時間の21日に行われ、0-1でホームチームが勝利を収めた。アーセナルはこのアウェイゲームでも失点をして敗戦してしまっている。昨季から続く苦手意識を今季も払拭できずにいるが、この状況を打破するためには何が必要なのだろうか。(文:松井悠眞)

新着記事

↑top