プレミアリーグ全クラブが南米など約60人の代表選手招集を拒否。リーガも追随へ

2021年08月25日(水)18時11分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

プレミアリーグ
【写真:Getty Images】



 イングランド・プレミアリーグは、9月上旬に行われる各国のワールドカップ予選に向けて、英国政府が「レッドリスト」に指定した国への選手派遣に応じないことで全クラブが合意したと24日に発表した。スペインのラ・リーガも同様の姿勢を取ると報じられている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 英国では新型コロナウイルスの影響により渡航が危険視される26ヶ国を「レッドリスト」に指定し、それらの地域からの入国後に10日間の隔離義務を課している。そのため、たとえばリバプールはエジプトとブラジルに対してFWモハメド・サラーやGKアリソンらの招集取り消しを要請したと報じられていた。

 だが招集拒否の動きは、個別のクラブだけでなくリーグ全体にまで広がることになった。プレミアリーグでは、現在までに19クラブに所属する約60人の選手が「レッドリスト」指定国の代表チームへの招集を受けているが、これを拒否することを全クラブ一致で決定したとのことだ。

 新型コロナウイルスが世界的に拡大する中、国際サッカー連盟(FIFA)は隔離義務が生じる場合にはクラブが選手の招集を拒否することを認める特例措置を適応していたが、9月のインターナショナルウインドウではその適応を終了。さらに、ワールドカップ南米予選では延期されていた日程を消化するため9月に通常の2試合ではなく3試合が組まれ、代表選手の拘束期間を2日間延長することも先日発表されていた。

 プレミアリーグの招集拒否の対象となるのは主に南米やアフリカ各国の代表選手たち。南米予選では9月5日にブラジル代表対アルゼンチン代表の大一番も予定され、両チーム合わせてプレミアリーグから10人以上の選手たちが招集を受けていた。

 一方、スペインでも各クラブが南米への選手招集を拒否する動きを見せているようだ。『マルカ』紙はリーガもプレミアリーグ同様にクラブの招集拒否を支持する姿勢を取る見通しだと報じている。

【了】

新着記事

↑top